ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

スイング Before・After(21)

2010年08月23日



今回の生徒さんは、5日間のトレーニングコースに参加のエイちゃんです。
最初の所見で感じたのは、トップで8の字を描いて外からカットに振るスイングをしていました。そのため、曲がりの大きいスライスになっていました。
(スイングの改善点)
?棒立ちのアドレスから、身体を横にゆらして大きく回したがっていました。それを、ハンドダウンの構えにしてフトコロを広く使えるようにして、逆K字型の左サイドに張りのあるアドレスに矯正。すると、右サイドのスエーと身体の回しすぎが矯正された。
?テークバックの時に両手を身体から離し、その後両腕をリフトしながら身体を回すため、トップでオーバースイングになっていた。それを、テークバックの開始と共に胸の回転とヒンジング&コックを同調させて、右胸の真横がトップの位置と決めた。
?身体の開きを矯正するため、目標の40度右を向いた構えから、フックボールを打つ練習をした。(インサイドアタックドリル) フォワードスイングでまだ胸の面が右斜め前を向いているうちに、クラブヘッドが左肩を追い越す感覚を見につける。
?頭を残して振ろうとするため、フィニッシュで十分な体重移動ができず、身体を弓なりに反って振っていました。それを、左足の上でスッと真っ直ぐ立てるように矯正し、インバランスのとれるフィニッシュをめざした。
今回の期間では、完全なスライス撲滅とはならなかったが、トップがコンパクトになり、曲がりの度合いとミスが少なくなったように思います。インサイドアタックドリルを継続して、練習してください!必ず、よくなります!


Archives

website by Cube Net