ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

コーチのつぶやき 【世界一飛ばす男】

2010年08月27日

TVの世界ドラコン選手権を見て驚いた!!
数年前、400ヤード飛ばす男と話題になったのが怪力ジェイソン・ズーバック 。だがここ2年で超新星が現れた。なんと400m飛ばすやつだ。それが、ジェイミー・サドロウスキー(21歳)だ!
ズーバックより飛ばすスイングは、ヘッドスピードが半端じゃなく回転も速い。なのに、身体の使い方はとてもしなやかだ!ドラコンに出てくる筋肉盛りモリのゴリラ軍団とは明らかに違う。
ここに、ジェイミー(J)とツアープロ(T)及びHCP15一般アマチュア(A)の動作比較分析を見てみよう。
肩の回転角度 (J)166 (T)123 (A)94
腰の回転角度 (J)49 (T)49 (A)56
肩と腰の捻転差 (J)117 (T)74 (A)38
ヘッドスピード(m/s) (J)65.2 (T)50.1 (A)40.2
飛距離(m) (J)343 (T)247 (A)183
ジェイミーのトップスイングにおける肩の回転角度166度も凄いが、腰はたったの49度しか回転していない(この数値はツアープロと同じ)。その角度差(Xファクターストレッチ)117度は驚愕の数値としかいえない。あの全盛時のタイガー(毎時300m)でさえ、Xファクターストレッチは85度でしたからね!化け物だ!
実際スイングと言うのは流れていて、トップスイングというポージングを取る部分はないので、Xファクターは肩が一番深く入る直前に腰が切り返す瞬間。我々にとってはフォワードスイングのファーストムーブメントで、体幹周り(腹筋)の反発エネルギーが最も効いているところだ。
この数値を見る限りでは、身体の柔軟性と体幹周りの剛性は絶対条件のようですね!ジェイミーは40分のストレッチとウェイトリフティング&ベンチプレス105kgのワークアウトを毎日欠かさないようです。
ちなみに、ジェイミーは元アイスホッケー選手。不安定なリンクの上で前傾姿勢を保ち、スティックを振り上げ硬質パックをハードヒットする。それだけでも、体幹の強さは尋常じゃないことが分かりますね!


Archives

website by Cube Net