ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

左サイドの強化練習 グラスカッタートレーニング

2010年09月01日


「上手くなりたかったら、左サイドを鍛えろ!右で打っていたら、いつになってもションベンボールしか打てねえぞ!」 
よくジャンボさんや伊沢選手の父、利夫さんが言っていたものです。
今のツアー選手のなかでは、とりわけ石川 遼君の左サイドの押し込みと片山選手の左手をゆっくり振る技術は素晴らしいと思う。
普段から左サイドを意識して腹筋で押し込んでいる証拠です。ね!
動画の草刈りトレーニングは長期コースの生徒には実践させていますが、短期の方でも庭に雑草が生えていれば手軽にできます。
使用クラブはサンドウェッジを用いて、左手一本で草を刈ります。
まず、草の抵抗に負けないようにワイドスタンスで構えます。
バックスイングは右肩の肩口まで振り上げますが、左腰が回らないようにベタ足をキープします。
この時、左横の腹筋がカチンカチンになっていればOKです!
次に、一気に振りたいところですが、切り返しのポジションを作ります。
捻った体幹を振り解かずに、左足の土踏まずの上まで体重を押し込んで、右肩のほうが左肩より高いことを確認します。
この時クラブはまだトップの位置をキープします。
その後は、一気に右足爪先の前から、左足の前方まである雑草を身体を押し込みながら刈って行きます。
ポイントは、重心を低くして体幹を真っ直ぐに保って、低く長いインパクトゾーンを意識します。
慣れてきたら、連続して行ってください。
腰を一気に回そうとしたり、右肩が下がるとカウンターバランスになり、力が半減します。
ぜひ、皆さんも実践してみてください!!


Archives

website by Cube Net