ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ふにゃふにゃパターでヘッドリリースを覚える!

2010年09月15日


ご無沙汰しています。急な用事で日本に帰国し、とんぼ返りで戻ってきました。
動画で使用しているパター(Yes製キャッシュイン型)はシャフトが太い針金でできており、手首使って打つとシャフトがしなって上手く当たりません。また、真っ直ぐヘッドを出すとフェースが開いてボールが右に出てしまいます。したがって、手首を使わずに緩やかなイントゥインの軌道を描いて、ヘッドが低く水平に動くようにストロークできないと上手に転がりません。
まず、正しい軌道でストロークするには、手先を使わずに胸の胸骨(スターナム)をメトロノームのように左右に動かせるようにします。そのためには器用な右手を使うより、左手一本で打ちスターナムの回転と同調して動かすことが大切です。
次にヘッドを地面から離すと、針金なのでダイレクトにヘッドの重みが伝わってきます。そして、トゥ側にシャフトがしなってトゥーダウンを感じているはずです。このフィーリングを感じながら、慣性に任せてテークバックすると、ストレートに近い軌道でフェースを開きながら少しだけインサイドに入り、フォローではフェースを閉じながらインサイドに抜けていく感覚がわかります。
トゥーダウンを感じながら、手首の形を変えずに胸の動きと同調することができれば、イーブンペースでストロークできるので、安定したパットが打てるようになります。
ショット感覚の延長線上で打てるという点で、ヘッドのリリースと慣性を磨くのには、とても良い練習です!!


Archives

website by Cube Net