ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ウォーミングアップドリル ハイティーのボールをウェッジで打つ

2010年10月13日


前回は体のまわりをクラブヘッドが回る感覚をつかむために、ボールカゴを使ってラウンド・ドリルを行いました。今回はその感覚キープしたまま、ハイティーに乗ったボールのティーを飛ばさずにスイングするドリルを紹介します。
G1では練習の初めに芝生の上からボールを打ちたい気持ちを抑え、ティーに乗せたボールを打ちます。はじめから強打すると、地面を削った強い衝撃が手に残って、その打感が脳にインプットされてしまうからです。
使用クラブはSWかPWを使います。ここでも想像力を生かしてスイングします。
まず、クラブについているシャフトが針金のようなフニャフニャに曲がるクラブをグリップしていると想像します。手先で勢いよく上げるとフニャッと曲がってしまうので、手首の力を抜いて、背中や胸などの大きな筋肉とシンクロさせて、ゆったりスイングします。
フォワードスイングは右の肩口から左の肩口へまーるく振っていくことを心がけ、その周りを「らあうーんど」と言いながら、フェースにボールを乗せて運ぶようにスイングしてください。
スイング中に「うっ」とか、きばった感じで体にテンションがあるうちは、ティーが折れてしまいます。グリップのソフト感を最後まで変えないことと、スイングする円軌道の中で、たまたま通過点にボールがあったんだぐらいの感覚になるまで練習が必要です。


Archives

website by Cube Net