ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

コーチのつぶやき 【タイガーの新しいコーチ】

2010年11月13日

6年間コーチを勤めたハンク・ヘイニーから三行半を突きつけられたと言われるタイガー。
次のコーチを誰にするのかを注目してきましたが、今年の全米プロ選手権からショーン・フォーリー(36)をスイングコーチに採用しています。ショーンはハンター・メイハンやショーン・オヘア、ジャスティン・ローズ、ステファン・エイムズといった、今勢いのある選手を指導する新進気鋭の若手コーチ。テネシー州立大学で政治学と哲学を専攻した後、ティーチングプロを試みた時から、貪欲に生体力学、物理学、幾何学と神経科学の分野を研究しています。タイガーはそんな彼の知性と豊富な知識に興味があったし、彼の率直な意見や行動に刺激を受けたようです!
ショーンが取り組んでいるタイガースイング改造計画はこれだ!
?長い間、肩の水平回転に伴い、頭部を右にスライドさせながらバックスイングしていた形を矯正。頭を動かさないようにして、肩の回転角度をスティープ(急な角度)にして、肩幅内で捻転をする(Shoulder in Circle)。コアを起点にして強靭な体幹の捻りを特訓中。
?ノーコック&ビッグアークのテークバックを矯正。バックスイングで左腕が地面と平行になる地点でヒンジング&コックを完成させ、トップスイングでは突っ張っていた左肘に余裕を持たせ、左脇とボディーのコネクションを強化中。
?長い間、頭をボールの後に残して(ビハインド・ザ・ボール)打っていたために、身体が弓なりに反って、それなりに左膝に負担がかかってしまった。ダウンではもっとターゲットに向って身体をフォワードさせて、インパクト時には胸がボールの上に被さる動き ゛Covering゛を取り入れている。
現在タイガーはこちらのメルボルンに滞在中で、JBオーストラリアン・マスターズに出場しています。3日目を終え1アンダー14位タイにつけています。見た目は左足に60%の荷重をかけて1軸で回転してコンパクトなトップになっている印象を受けます。巷ではこのスイングを゛Stack & Tilt゛(明治の大砲=トップで左体重、フィニッシュで右体重)と検証している人がいますが、私にはスタンス幅内でしっかり体重移動しているように見えます。離婚問題も解決したことだし、来年は復活したタイガーが見られそうです!!


Archives

website by Cube Net