ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

バックスイングにおける左肩の入れ方

2010年11月17日


先回、タイガーウッズがショーン・フォーリーから新しい肩の回転(Shoulder in circle)の仕方を伝授されたことについて説明しました。肩の回転を少し急な角度(Tilt & Turn)にすることにより、頭部の大きなスライドが抑えられ、左脇とボディーのコネクションが強化されました。そして、バックスイングもノーコック&ワイドアークからヒンジング&コックを採用して、コンパクトで捻じれの強いトップスイングを実現しています。
動画にも見られるように、右手で左肩をつかんで右斜め下に引っ張ると、前傾軸に対して肩を垂直に回すことができます。力のベクトルをこの方向に使うだけで、腹筋に力がぎゅーっと溜まって、股関節の切れ上がった捻転トップが作れます。この動きと同調するように、左肘が地面を指して左脇の締まったトップスイングを目指せば、自然とオンプレーンで振ることが出来ます。


Archives

website by Cube Net