ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

Let it Go!  ダウンスイングは手で操作してはいけない!

2011年01月11日


ヒサちゃんは毎回インパクト後の動きを手でなぞるようにイメージ練習しているけど、あまり感心しません。その動きが身体と同調していればいいんだけど、手だけでフィニッシュまで持っていこうとすると、本番では手で当てにいってフィニッシュまで振りきれなくなるので注意したい!インパクト付近のヘッドスピードは平均約40メートル毎秒というものすごい速さなので、本来そのあたりはLet it Go! 勝手に行ってくれ、考えちゃいけないのです。
人がクラブをコントロール出来る範囲は切り返しつまりダウンスイングの前半まで。正確には動画に見られるように、トップから左肩が開かないように左へ踏み込んでバンプした地点まで。手はトップの位置からほとんど動いていません。野球のピッチャーで言うと、前足を踏み込んで、利き手が身体から一番離れるポジションで上下の捻転差がMAXになる地点(X Factor)です。
ヒサちゃんのような初心者はクラブを逆さに持ち、X Factorを作ってから、グリップの先をフィニッシュまで自由にまーるく振る練習がBestです!フィニッシュではシャフトが帽子のつばのラインに平行に収まり、上体が左足の上でスーッと立てるようにしましょう。
手を早く下ろしちゃってタメができない人やボールを当てにいくタイプの人には最適なドリルです。スイングの流れやダイナミックな動きができるようになります。ぜひ、トライしてみてください


Archives

website by Cube Net