ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

初心者・中級者のための右サイドで行う、バンプ・ドリル

2011年01月28日

私の口癖、「Everything is Leftside」、スイング中はいつも左サイドでリードしなさい!もっと、左サイドを器用に使えるようにしてほしいと願うレッスンの日々。しかし、初心者が左サイドを開かずに軸の移動(右足土踏まずから左足土踏まずへ)をして、体重を左脚に荷重していくのは中々難しいものがあります。

そう思っている読者のみなさんにお薦めしたいのが、身体の右サイドで行うバンプ・ドリルです。Swing Before after(31)のカークさんもこのドリルスムーズな体重移動ができるようになりました。動画に見られるように、トップから切り返しの時に右肩を落とさずにボールラインの線上まで右肩を思い切って平行移動(身体を押し込み)しながら、クラブを身体の正面に戻してきます。

最初は右肩がボールの左側に来るくらい、押し込んで打ってみてください。実際、右肩がボールを超えることはありませんので、ご心配なく!右足が飛球線方向に一歩出てしまうぐらいの感じになりますが、それを左足の付け根でしっかり受け止めて、左足の上でスーッと立ったフィニッシュをしてみて下さい。スイング中、両足の拇指球で地面をしっかりつかんでいる時は正しい体重移動が行われた証拠です。

押し込む時の感覚ですが、スイングの前半は前傾姿勢をキープしたまま、自分の胸が右前方を向いて閉じているくらいで丁度いいです!胸(肩)が開いた状態で平行移動すると、身体が突っ込んでミスを誘発してしまいますので気を付けてください!

上から打ちこむとか、すくうとかじゃなくて、ボールの側面に向かって身体とクラブヘッドが低くスーッと入っていく感覚です。G1の生徒さんもこの動作をとりいれてから、吹きあがらずに飛距離が出るようになりました。


Archives

website by Cube Net