ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

アプローチのトップ・ダフリをなくそう!(1)

2011年05月17日

アプローチのミスで多いのが、身体の回転が止まってボールをつっついてしまう大トップボール。そして、ボール上げようとして手首と肘を伸ばしてしまう、大ダフりのケースじゃないでしょうか。このような方はヘッドの入射角とフォローの振り抜きを考えると大半のミスを防げます。

まず、ヘッドをボールの1cm先にあるコインに向かってソールを滑らせてみよう。

その前にイメージ力が大切!横から見るとボールの赤道の下3分の1にリーディングエッジが入ってきて斜め下に切る感じだ。上から見るとボールの右上からヒールが先行して入ってきて、トゥ側へボールがかけ上がる感じで振り抜きます。

なんとなく、アウトサイドからインへカットしているような感覚があるが、しっかり体重が左へ乗って前傾がキープできていれば、ボールの先のコインを飛ばして、「キーンッ」と音がすることでしょう!入射角が安定し、フェースをちょっと開いて使えればスピン性能も確実にアップ!

次にフォローはどこへ振っていくかと言うと、バックスイングで右肘を畳んだヒンジングと右手首とシャフトで作られた角度をホールドしたまま、グリップエンドが限りなく左ポケットに近いところへ振り抜きます。前傾がキープできていればフェースが胸の下を斜めに横切る感覚があります。そして、フォローではフェースは斜め上を向くようにして下さい!


Archives

website by Cube Net