ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

フェースに乗せてまーるく振る!(2)

2011年06月30日

僕らが子供達にアプローチを指導する時は、はじめにバックスイングなしでフェースにボールを乗せる練習をします。動画にも見られるように右手一本で持ち、リーディングエッジをボールと地面の間に入れて、分度器の軌道のようにまーるく左へ回してやるだけでボールはフェースの上に乗るはずです。

ただし、手から動き出すと直線軌道になるのでフェースには乗りません。なので、身体の力を抜きクラブを置きっぱなしにする気持ちで、胸を左に回して左足の外側に体重が乗っていくようにするとうまくいきます。この時グリップエンドがおへそを指し、フェースの面が空を向いているようにして下さい。

中にはこれができて何になる?っていうかたもおりますが、これができるとヒールからトゥーへボールが滑り、フェース面を最長に使えるようになるので、球離れが遅くなり柔らかい球が打てるようになります。手でこねなくなるので入射角が安定し、まるで下手投げでボールを放るような距離感が身に付きます。

゛打゛の名手と言われる人は、相手のパワーを吸収してフェースに乗せて運ぶ技術をあわせ持ち、抜群のコントロールを発揮します。ゴルフの場合、それがこのドリルであったり、ボールリフティングで打感のポテンシャルを上げることができます。ぜひ、皆さんも練習してみて下さい! 


Archives

website by Cube Net