ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

まだまだ上手くなる60代のゴルフ ― フックボールの原因は?(4)

2011年08月02日

「テリーさんのゴルフ留学日記」でおなじみのテリーさん(68歳)です。ゴルフへの探究心は並々ならぬものがあり、今なおゴルフスイングを進化させております。そのテリーさんに60代からの上達法を聞いてみました。

最後はテリーさん自身の言葉でまとめて頂きました。ご本人の言葉にあったように、突如として出るフックボールはどこに原因があるのか?

1つ目はダウンでグリップエンドをターゲット方向に引っ張り過ぎる時。タメの意識が強い時に起こりやすい。たいがいは左サイドが浮いて身体が開きやすく、左脇が甘くなる。手を返せばフック、そのままだとスライスがでる。

2つ目は左サイドの動きが止まると、右サイドが突っ込んでフェースが返りやすくなるです。これは最初から左腰の張力を感じないと、トップに入る直前に左サイドで引っ張れないということです。要するに右を殺すには左を積極的に生かさないとダメということです。

一貫性のあるスイングを継続していくには練習はもちろんのことだが、「動きのシークエンス」すなわち、流れのある連続した動きを常にイメージしながら練習することが大事ということでした。

また、来年もお会いしましょう。お疲れ様でした!


Archives

website by Cube Net