ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

アプローチの構築  改ウォークスルードリル

2011年09月06日

G1ではアプローチの形成に様々なドリルを使って構築していきます。その第三弾が改良版ウォークスルードリルです。

まず、動画に見られるようなノーマルなウォークスルードリル行います。フォワードスイングでは右足土踏まずで地面を蹴って両膝を平行移動しながら、左足拇指球を中心に右足が回るようにショートステップして、左足つま先と右足踵内側が交差します。それに同調するようにクラブヘッドが身体の正面をキープしながら回って、低いフォロースルーをキープします。この時に左膝は正面を向き、右足に多く荷重します。頭を固定しようとしたら、バランスを崩してしまうので体重移動の自然の流れに任せます。手は何もしないで足の運びに同調すれば、身体を押し込みながらフェースにボールを乗せて運ぶ感覚が身に着くと思います。

ここまでは、普通のウォークスルードリルです。改良版はこのフォロースルーをとった形から頭とクラブヘッドを戻さずに、右足だけ元の構えた位置に戻します。(右足は拇指球だけが地面に着いています)初めはよろけて倒れそうになりますが、両腿の内股筋で踏ん張って支えて下さい。そうすると、右足の拇指球から左足の拇指球へ直線的に荷重移動、重心が移動したことが感覚的にわかるはずです。これが、フォワードスイング、すなわち身体を押し込みながらボールを推進力で飛ばすアプローチの形態です。

実はアプローチはフルスイングよりも体力を使います。フルスイングのようなクイックモーションを使わず、随時捻転差を感じながらロウギアで動いて、このようにしっかり体重移動しますので、相当なエネルギーを使います。ウェッジを使うとだるま落としみたいになって思った距離まで飛ばないとか、手打ちであらゆるミスを誘発してしまう方には、効果的なドリルです。


Archives

website by Cube Net