ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ショットケ-スバイケース(2) 傾斜のある左足上がりのアプローチ

2011年09月30日

こんな状況で、どのクラブでどこを狙いどんなふうに打つのがベターなのか?ご紹介していきたいと思います。

状 況

距離20ヤードで傾斜のきつい左足上がりのライ。芝は逆目でダフルと芝に引っかかる。グリーンは平坦でエッジからカップまで10ヤード。

使用クラブ

9番アイアン 

ランディング

ポイント

グリーンエッジの先  キャリー12Y ラン8Y

How to hit?

低重心ワイドスタンスして、目標に対しオープンスタンスを取る。この時、傾斜に沿って軸を真っすぐに構えるのがポイントです。そして、ボール位置は左足寄りに置き、フェースを20〜30度開いて構えます。スイング中、クラブヘッドが描く円弧のイメージは、紐につけた5円玉をまーるく回転させるのと同じで、ヘッド自身に遠心力を効かせて、手元が身体から離れないようにします。それにはまずソフトグリップで握り、スタンスに沿って柔らかくクラブをピックアップ(コッキング)することが大事で、あとは動画にも見られるように右手のひらの手刀を上に向けたまま左手の頬を最短距離でさわるイメージで振ります。ヘッドの重みを感じて右肘を柔らかくたためれば9番アイアンでも楽に球を上げることができます。

アマチュアの皆さんは傾斜地になるといつも以上に力んで、つい手でつっついてしまうのが現実です。このようなケースでAWやSWを使い、左足荷重にしてクラブを横からぶつけると、ヘッドが突き刺さってボールが思った以上に強くでたり、ダフリを誘発してしまいます。この「ガツーンッ」の重い打感はその後のアプローチにも影響するので、あまり使いたくないものです!

このような結構傾斜のある左足上がりのライでは、極端な左への体重移動をしないことが大事で、傾斜に沿ってクラブがつっからないようにインパクト後はクラブヘッドが上昇するイメージが大切です。そして、距離がある場合はゆったりとしたテンポで9番アイアンで打つことをお薦めします。


Archives

website by Cube Net