ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

わたしは、 ゛これで゛ スイング軸が安定しました (5)

2011年12月30日

ユウくん(11歳)は思い切りのよいハードヒッターですが、体幹がフラフラして足の裏がめくれていてスイング軸が安定しませんでした。ユウくんに限らず、日本の子供達はマン振りで軸が不安定なジュニアが多いのが気になります。

子供だから思い切り振らせたいというのはわかりますが、私はコンパクトなスイングの中でしっかりとスィートスポットで打つ感覚を身につける。そして、身体の正面にクラブヘッドを戻してくることに重点を置きます。飛ばしではなくまずはコントロールです。そのほうが確実に上達します。

それには、上体の捻転と捻じり戻しを支えられるしっかりした土台がポイントになります。私がジュニアを指導する時には、裸足になって球を打ってもらい、足の裏で地面をしっかりとわしづかみしているかをチェックします。足の拇指球側に荷重を置き、指先が白く変色するぐらい地面を掴んで、土踏まずに隙間がなくなるようにしてやると土台が安定します。

同時にアゴを引き背筋をピッと伸ばしたら腰の付け根から前傾して、下腹を上に突き上げるようにして、腰を斜め上から押さえつけてやると、腹圧がかかり身体を捻転しやすくなります。グリップと股間の間にもフトコロが出来て腕を振るスペースが確保できます。

スイングはオンプレーンを意識して、ノーコックで腰から腰の高さへ、慣れてきたら肩から肩の高さへ振る練習をします。子供はちょっとお腹と足の指に力が入るようにしてやれば必ず上達します!!


Archives

website by Cube Net