ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ダウンスイングの中間はつま先寄りの荷重になる

2012年01月23日

動画に見られるように、みっちゃんはダウンスイング(フォワードスイング)の早い段階で左サイドが開き、左足かかと荷重になる傾向がありました。かかと荷重になるのは、右サイド(右腰と右膝が前に出る)が突っ込んで、左サイドが起き上がるためです。結果として体重が右に残りやすくなって、スライスやプッシュボールの原因になります。

ゴルファーの多くが軽視しがちですが、フォワードスイング時の前傾姿勢のキープはスイングの生命線です。 特に意識したいのが、右腰から左腰の高さへ振り抜く間は、腹圧を使って前傾角30度をキープします。それにはお尻を高く後方に突き出して胸の面がボールに覆いかぶさるようにカバーリングして、体幹を真っすぐしたまま振り抜きます。(強く太い軸のイメージ)この時、頭部が右に倒れこまないように気をつけて下さい!

同時に、両足の指全体で地面をわしづかみして、右足土踏まずの蹴りを使って右足拇指球→左足拇指球へ直線的に荷重を移動させます。右足つま先→左足かかとへ荷重するのは左足裏がめくれてスライスの原因になるのでNGです!

この感覚を養うのに良い練習が、つま先下がりのライでゆっくり入念に右腰から左腰の高さへクラブをまーるく振っていくシャドースイングの練習です。前にバランスを崩さない程度に前傾姿勢をキープしてください!

 また、側方から見た時のイメージは前傾軸(30度)に対してクラブシャフトが直角に交わるように下りてきて、体のまわりをヘッドがクルッと回っている感じをイメージします。ちょうど、割り箸を斜めにたおして糸をつけた5円玉をグルグル回すと、軸に対して直角に遠心力が働きますね。それと同じです! 皆さんにはとてもフラットな面で下りてきて、まるでボールの外側を振っている感じがするでしょう?しかし、インパクトで手首のコックがちゃんとリリースできていれば、ヘッドはきちんとアドレスの位置に戻ってきます。

現在の低重心化されたクラブデザインに合ったモダンスイング(世界標準)は、この入射角の浅い払い打ち、すなわち ワイド&シャロー の軌道が主流です。 よくアマチュアの方がシャフトを立てて打ち下ろそう(ナロー&スティープ)としますが、クラブを左へ振っていくスペースがなく、インパクトで詰まって前傾が起き上がっています。ぜひ、このドリルで強く太い軸を意識してください。


Archives

website by Cube Net