ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

スプリットハンド・ヒッティングドリル

2012年03月28日

ダフリ・トップを連発する人に、よく効くドリルです。ダフリ・トップになるのは、トップでできた手首のコックと肘のたたみを、ダウンでちょっとばかり伸ばすタイミングが早いから。いわゆる、リリースするポイントが早いからなんです。

 

動画のドリルは、ショートアイアンをスプリットハンドグリップ(両手を離して持つ)で握って、1/2又は3/4スイングで打ちます。ポイントは両肘でクラブを吊って、両脇を締めてスイングすることです。それに、これら3つの事項を意識してスイングしてください。

 

?    トップでできた手首と肘の角度を変えないで下ろしてきて、インパクト付近では右肘内側が空を指して、少し曲がっている。

 

?    手の返しは意識しない。フェースの面を変えないで、リーディングエッジが目標を向いたまま、左へ振り抜く感じです。

 

?    前傾姿勢を我慢して、グリップエンドが左ポケットギリギリを通過します。フィニッシュでは右手が胸のラインに巻きついて、左手は左脇を締めて招き猫のポージングを取る。

 

ようするに、ダフリ・トップを連発している人は、上体に力が入って手で打とうとしています。このドリルで、体の回転に腕の振りが同調する感覚が分かるでしょう。ぜひ、練習してみて下さい!


Archives

website by Cube Net