ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

マスターズWeek 2012

2012年04月07日

昨日からイースターホリデーに入りました。なんてったって、久しぶりにマスターズがじっくり見られるのでわくわくしています。(今週は1週間お休み)

 

アーノルドパーマー招待で2年振りの優勝を果たしたタイガー。その復調ぶりを楽しみにこの2日間注目していました。初日はイーブン、なんとなくパットが決まらない感じでしたが、今日は大荒れ!見ていて相変わらず変わっていないなぁと感じました。

 

気持ち出球を左から出してフェードを狙っているんでしょうが、長いクラブはプッシュして、ショートアイアンは引っかける場面が見られました。

 

原因はクラブをタメ過ぎている、リリースポイントが遅れてるんです。ミスショットの後のしぐさが物語ってますね。そのため、左肩が釣り上がり、前傾が起きるので手を左に振っていけるスペースがなくなる。これを、スタックと言います。

 

クラブを少し外から入れたがってますが、全く逆の動きになってます。切り返しの時に右腰が浮いて、すぐにまわってしまうので、どうしてもクラブが下から入りやすい。よって、調子いい時のような、懐の深いシッティングダウン(椅子に腰かけるような沈み込みモーション)を作って、しっかり脇を締めて左に振り切るスイングになっていません。

 

僕の私見ですが、踵荷重に構えて、ダウンで腰が引けて足に粘りがなくなっているように見えるんです。まあ、なんとか調整して頑張ってほしいですね!

 

また、ちょっと気になったのがトップを走っているジェイソン・ダフナーのワッグル。なんか昔懐かしいレイモンドフロイドやヒューバートグリーンを彷彿させます。ヒンジングコックと同時にスイングプレーンに乗せるイメージでやってるんだろうけど、ワグナーが勝ったら、ルーティーンワークの一環として見直されるだろうね!!

 


Archives

website by Cube Net