ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

バッバ・ワトソンの凄さ

2012年04月09日

いやぁ、最終日は見ごたえありましたね。バッバ・ワトソンの猛追(4連続バーディー)は凄かった。完全にゾーンに入ってましたね。久しぶりに興奮しました。

 

バッバの魅力はなんといっても圧倒的な飛距離!高いフェードで330〜340Yは飛んじゃうでしょう。普通、飛ばし屋だと引っかけるミスが多いのだけど、彼のミスはプッシュボールだけ。

 

それは、フォローで手を返す動作を極力少なくして、フェース面を変えないようにスイングしているから。アイアンショットではリーディングエッジが目標を向いて、右手甲が上を向いた状態で振り抜いて、きちんとラインを出しています。

 

また、ティーショットにおける彼のフェードは極端なオープンスタンスから繰り出される。捕まったフェードも打つが、基本はすこーしプッシュ系のフェードで、これが異常に飛びます。特にドックレッグホールではショートカットして、他の選手を50ヤードは軽く置いていく。

 

皆さんもプッシュしたボールが普段の時より、高く上がって飛んだなぁって感じたことありませんか?だいたいそういう時は、アドレスの段階でアライメントが右を向いていて、両肩のラインを開かずにインサイドアウトに振れた時なんでしょうが。体重もどちらかというと後ろ足に残り気味の感じの時です。

 

上体が突っ込んで左へばかり曲げている方や高い球で飛ばしたい方は、バッバのように極端なオープンスタンスにして肩を開かずに体の切れ(体幹の捻じり戻しを少し遅らせる感じ)で、高いフェードを打つ練習がとても効果的です。要するに左を向いて左へ打たない練習です。

 

とても個性的なスイングをしていますが、今時のドライバーの性能を熟知したスイングとも言えるのではないでしょうか?

 


Archives

website by Cube Net