ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

私は、 ゛これで゛ 楽にバックスイングが上がるようになりました(14)

2012年04月19日

バックスイングの時、上体がガチガチでクラブの重みを感じて振れなかった。信さん(HCP30)。

前傾というのは、背中を丸めることだと勘違いをされていました。そのため、巻き肩になり両腕が胸から離れて突っ張って構えていました。この構えでは脇が開きらすく、体の回転と腕の振りが同調しません。どうしても、苦しそうなバックスイングになってしまいます。

 

(改善点)

1. 太腿の付け根から30度前傾して、下腹部を下から突き上げる感じでフトコロを深く取る。

2. 肩甲骨を背骨に寄せて、胸筋を開くと背中がシャキッとする。

3. アゴが前に落ちやすいので、胸の面を立たせる感じで、アゴを引いて構える。

4. ソールを地面に押しつけないで、背中で両肘を吊る感じで構える。

5. 両肩の真下で手のひらを合わます。そこがグリップの位置になります。

6. 両肩がストーンッと落ちてなで肩になるので、重心の低いアドレスが出来る。

7. 両脇を締めて胸の回転で上げる時は、両肘をドアの蝶つがいやワイパーのように動かし ます。

 

ボールを打つ前にボールカゴをもって、ちょっと前方に反動を入れてから胸の回転と同調するように上げることで、スムーズなバックスイングが出来るようになりました。


Archives

website by Cube Net