ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

私は、 ゛これで゛ ボール投げでオーバースイングが治りました(19)

2012年05月06日

マサ(9歳)の最近の悩みは、トップでループしてから下りてくるのでカット軌道になり、スライスボールになること。原因は上の兄貴たちの体が大きくなって飛び始めた為、マサも飛ばしてやろうと思って、自然にオーバースイングになっていったのです。

 

また、以前はスイングでボールを飛ばしていたのが、上から「ドスンッ」と振りおろし、芝を思いっきり削り取るのが快感になり、手打ちになっていました。

 

そこで、ボールスローイングドリル(メディシンボール1kg)を用いて、コンパクトなトップからインバランスのフィニッシュになるように練習しました。通常は胸の回転と同調して顔の高さぐらいまで振り上げるのですが、マサの場合は右肘を折りたたみ、腰の高さから一気にフィニッシュをとるようにしました。

 

放り投げる時は前傾を崩さないようにお腹にちょこっと力を入れて投げて、フィニッシュでは左肘を立てて、堤太鼓を打つポーズを取り、右足つま先で地面を「ポンッポンッ」と叩けるポジショニングに持ってこれるようにしました。

 

ちょっと重めのボールを使って投げれば、遠心力を感じながら、いつでも体の正面にボールがある感覚がつかめるし、バックスイングが小さくても放り投げられます。マサのオーバースイングもたった5分の筋肉に記憶させる練習で矯正することが出来ました。オーバースイングを治したい方には必見です!


Archives

website by Cube Net