ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ガールズに囲まれて 最終章

2012年06月21日

テリーさんの今年の合宿も今日で最後となりました。

一時は1軸打法に魅せられたテリーさん。左腰の位置を決めて上体を捻る。左荷重のままトップで右膝を伸ばして打っていましたが、完全に上体の捻転不足(どのクラブもPW位のトップしか上がらなかったので、苦しそうに見える)。ダウン以降は゛スタック゛(左サイドが起き上がる)してヘッドを目標の左へ振ることが出来なかったのです。

そこで元の2軸(グリップが右腰の横を通過するまで右足土踏まずへ荷重し、そこから軸の移動゛バンプ゛と共に左足拇指球へ荷重を移す)へ戻すと、胸の回転が楽になり深いトップが実現できて、下半身主導で振りおろせるようになりました。

確かに捻転差のあるトップは柔軟で筋力のある若者には向いていると思います。しかし、加齢に伴い筋力と柔軟性が低下したゴルファーにはかえって、力みを増し、トップで腕や肩周りがコチンコチンに固まる恐れがあります。左サイドリードのスイングはおろか上体から打ちにいくスイングが身についてしまいます。

 

ガールズに囲まれて4日間マッチプレーをしてきました。テリーさんは伸びのある角度の効いたドローボールが復活。200ヤード飛ばしてくるみなちゃんとももちゃん、そして20ヤード飛距離が伸びたえみプロにあおられて、時折力が入るテリーさん。ガールズたちの上達ぶりに一緒に練習してきたテリーさんもご満悦の様子でした。結果はえみプロ組が3勝、テリー組が1勝でした。

また、来年も出会えるように誓って、さよならをしたテリーさん。今年もありがとうございました!!

オンラインレッスンを始めましたくわしくはこちら


Archives

website by Cube Net