ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

どっちがパワーでる? ビハインドボール VS カバーリングボール

2012年07月04日

動画のレクチャーは、どちらが力強く振り抜けるかのテストです。

 

ビハインドザボールとは頭をボールの後方に残して、背骨が右に傾いた状態でインパクトして、その場でクルッと回転する動きのこと。トップの上半身はそのままにして、腰の切れで捻転差を作って飛ばす打ち方である。フォローでは頭部とクラブヘッドが引っ張り合って、その遠心力で飛ばします。

 

カバーリングザボールとは左肩が開かないように、体幹と両腰を飛球線と平行に押し込みながら、胸の面を下に向けてお尻を後ろに引く動作のことを言います。ボールに被さるような動きなのでカバーリングザボールと言います。基本は体幹軸を真っすぐ使って、垂直抗力の高いインパクトを目指します。

 

右手首を左手首の上に置いてバックスイングして、ビハインドザボールとカバーリングザボールの両方でハーフウェイダウン(左手が地面と平行になるぐらいまで)まで引き下ろします。パートナーが下から抵抗を与えようとしますが、どちらの方が力強く引き下ろせると思いますか?

 

答えはそのポジションから実際に振ってみると分かります。体幹を傾けずに真っすぐにして目標の左に振ったほうが鋭く振れるはずです。ぜひ、皆さんも試してみてください!

オンラインレッスンを始めましたくわしくはこちら


Archives

website by Cube Net