ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

カマで草を刈るように、振り切るべし!!

2012年08月08日

ヒデ君(16歳)は右サイドの突っ込みが強く、左サイドのリードが弱いので、朝から雑草刈りをさせています。

 

プロ養成をしていた時は、練習場まわりの雑草がなくなるほど、若者たちが必死なって鍛えていたのが思い出されます。

 

左手一本でサンドウェッジを持ち、リーディングエッジを使って、出来るだけ長く草の根っこを刈っていきます。右足つま先の前から左足の前までの草の根っこ刈って、インパクトエリアを長く押し込んで分厚いインパクトゾーンをイメージさせるのにとても良いんです。

 

そして、左脇を締めて胸のターンと一緒に、左へ低く振り抜いていきます。前回載せた「Under the Shelf」のように左肩より低いところをイメージします。

 

スイング中、腰が引けたり、上体が起き上がったら、草に引っ掛かって振り抜き不可能です。左サイドのリードを鍛えるのにはとても良いトレーニングです。過去の動画を見て参考にしてください!


Archives

website by Cube Net