ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

コネクション(連結)アップ!両手を体に巻きつけるように振る

2012年08月26日

誰でも、プロみたいにフォローでしっかり伸びた両腕はカッコイイと思う(理想)。でもこれは結果的にそう見えるのであって、実際はのばそうとして振っていません。両腕を伸ばして振ったら、脇が甘くなり体の回転がストップして様々なミスを誘発してしまいます。

 

本当のところは動画に見られるように、両脇を締めて肘から先を車のワイパーみたいに体の回転に同調するように、体に巻きつくように使うのが正しいのです。デンデン太鼓のようにも感じます。ですから、ゴムバンドを胸周りと上腕にところに巻きつけて振っても、打てないといけません。

 

グリップに力が入ると、ろくなことがありません!肘から先がデンデン太鼓のように柔らかく使えません。グリップは卵が割れない程度のソフトグリップで、必ず両手の親指と人差し指でグリップを優しくつまんで下さい。そうすると、両手首のジョイントと前腕の回転(フォアアームローテーション)動きが滑らかになり、クラブに自由性(フリーリー)が効き、遠心力を感じて振れるようになります。

 

遠心力を感じて胸のラインに両腕を巻きつけるように振れれば、ほんの一瞬頭と引っ張り合い、両腕が伸びて見えます。球が散らばる人は、コネクションの部分を見直し、脇を締めて体の左に振る練習が必要だと思います。


Archives

website by Cube Net