ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

バックスイングで悩まない! グリップを傾き通りに動かす

2012年09月02日

バックスイングでもう悩まないドリルをご紹介します。

 

動画に見られるように、アドレス時の傾いているグリップだけに着目し、グリップエンドを支点にして傾きどおりに上げていくだけです。この時、グリップの先端にプロダクトのマークがあったら、その向きを変えないように傾斜に沿って上げていきます。

 

この動作と同調させるように、両脇を締めて胸の回転と同調して上げていき、グリップが右太腿前を通過するあたりでタイミング良く右肘を折りたたみ(ヒンジング)、クラブをピックアップしてやります。フェースを閉じて、開いてなどと一切考えなくても、オートマチックにスパッと上がるようになります。

 

私の持論として、「クラブは勝手に上がるもの」、「ゴルフはクラブを体の正面に戻してくるゲーム」というのがあります。支点が動きすぎると遠心力が感じられません。そして、何よりグリップを遠くに高く上げると、クラブを体の正面に戻してくる感覚がまったく無くなってしまいます。よって、「スイングしている時でも、グリップエンドがおへその正面に残っている感覚」が大事なのです!

 

プロでは谷口 徹選手やジャンボ尾崎さんなどは、この感覚が研ぎ澄まされているんではないでしょうか!「左手に弓を持って、右手で弦を引く」ように見えます。


Archives

website by Cube Net