ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

アドレスでフェースを開いて構える人が多い

2012年09月25日

 

G1のレッスンに参加して頂いた生徒さんに毎回のように注意していることが「アドレス時のフェースの開き」です。

酷くなると、元来フックフェースデザインのビッグヘッドドライバーをフェースの向きがフックだからといって、フェースをスクエアになるよう開いて構えしまう人がいるが、スライスになるか球が吹きあがって全然飛ばなくなります。

横に広いデカヘッドは慣性モーメントが働いてゆっくりヘッドが返るのでフェースが開いて当たりやすくできています。それゆえにフェース角が被ってできています。

 

アイアンでアライメントを合わせる時、たいがいの人は右手(利き手)で持って、リーディングエッジと目標線を直角に合わせます。

この時、グリップエンドをおへそより右側(ハンドレイト)にセットしちゃう人が多いんです。

これだと、知らず知らずにフェースが開き、本来のロフトより寝かせて構えに入ってしまいます。

 

正しいのは、リーディングエッジではなく、真ん中のスコアライン(アイアンの溝)と目標線を直角に合わせるのが正解です。

そして、グリップエンドは左足太腿の内側に位置し、2cm(グリップエンド幅分)ハンドファーストに構えます。

感覚的には真上から見て、一端トップラインを目標線と直角にして(この時フェースは左を向く)からハンドファーストにすると、丁度良いフェース角に収まるはずです。それまで開いて構えていた方にはちょっと左を向いているように感じますが、それくらいしないと本来出るはずの飛距離と適正弾道が得られません。

 

目立つように真ん中のスコアラインに真っすぐ太めのラインを入れてみるのもいいでしょう。

リーディングエッジで合わせると幾分右を向くことが理解できます。

 

また、構え方のスタイルによっても反映されます。

G1で指導しているように右腰から真下に垂線を引いて右足土踏まずの内側に右腰が入った構え(逆K字)、すなわちインパクトを想定した押し込んだ構えであれば、左太腿の内側にグリップがセットされて、ボールを圧縮しやすい。

すなわち、ハンドファーストでボールを捉えやすくなります。ただボーッと構えているだけでは、軸がぶれて、手上げでバックスイングした後、ボールをすくい打ちする感じがしませんか?

 

なんか、ボールが高く上がって右に行くな、ボールが吹きあがって飛ばないなぁと感じる人はアドレス時のフェースの向き、フェース角に注意してみてください!


Archives

website by Cube Net