ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

インパクトの力強さは、お腹の使い方で決まる!

2012年10月09日

一般的にダウンスイング時に気をつけることと言えば、「頭を残さなくちゃ」とか「腰を切って飛ばすぞ」とかですね。僕に言わせれば、いかにも体重移動が出来ない原因や体の開きを誘発する要因をつくっているとしか思えません!

 

じゃ、もっと意識して欲しいポイントは何かというと、動画に見られるようにお腹の面(体幹)を積極的に使うことなんです。

 

右足から左足に体重が移行する時に、お腹に腹圧をかけて胸の面が下を向いたまま捻転させます。正確に言うと胸の面をほんのチョット横移動させながら回転します。上体がボールに被さっていくような動作なんで、カバーリング・ザ・ボールと言います。

 

その場でクルッと回ってしまうと、腰が引けて体重移動が上手くいきません。また、すぐに体幹が起きてしまったり、フニャフニャって軸が傾いたりするのもダメです。これでは点で当てただけのインパクトになり、折角の体幹パワーを使っていないことになります。

 

体幹を真っすぐ強く使い、ヘッドを低く押し込んで長いインパクトゾーンを形成するには、お腹で地面を圧迫するぐらいの気迫が大切です!皆さんもぜひ意識してイメージトレーニングしてみてください。


Archives

website by Cube Net