ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

体の正面で捉える感覚を養う Y字インパクトドリル

2012年10月11日

このドリルは、体の開きが早い人にはもってこいのトレーニングです。これで体の正面で捉えるというポジショニング感覚が養えます。きちっとできていれば球は真っすぐしか飛びません!

 

動画にも見られるように、インパクト後の30cm先でスイングをストップさせます(実際のスイングではバックの大小により惰性でフォローも大きくなってしまう)。この時、両肩のラインは飛球線と平行で、腰は7〜10cm左へ平行に押し込まれて、両腰のラインが約20度開いています。これが体の正面にクラブが戻ってくるという意味です。スイング中もインパクトは通過点で、このポジションへ戻してくるイメージがいいでしょう!

 

ポイントは、クラブヘッドの重みを感じながらクラブをまーるく振って体の正面に戻してくること。決して強打したり、鋭角に打ちこんでやろうとしないこと。(ティーを飛ばさないでボールだけ打つ時のように柔らかく下ろす)また、ダウンスイングで両膝のラインを揃えてやることが大切です。切り返しで右腰が回ったり、右膝が前に折れると腰が開いてしまいます。

 

このドリルで柔らかくヘッドの重みで振れるようになると、体の正面で捉えられているという自信なのか?全てのクラブでコントロールの効いた球が打てるようになります。

 

たまには自分のスイングが体の正面で捉えられているか確かめてみてください!


Archives

website by Cube Net