ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ダウンスイング時の右足の蹴りについて

2012年10月21日

ダウンスイング時に右膝が前に折れる人はいっぱいいます。その場で腰を回そうとするから右足踵が直線的に真上に上がって、踵が外転(時計の反対周りに)します。そうなると、クラブがアウトサイドから下りてきて、スライスや引っかけの原因になります。スイングを後方から撮影すると、前傾姿勢(スパインアングル)が起き上がり、両足の間から隙間が見えるのですぐに分かります。

 

これには正しい右足の蹴りとバンプを上手く組み合わせないといけません。動画に見られるように、トップで捻転した体幹をすぐに開放しないで、左足の外側のライン上までバンプ(左サイドのリードで体を押し込む)します。この時に右足踵はすぐに上がっちゃいけないんです。ダウンスイングの初期は右足土踏まずで地面を圧縮して、後半は拇指球で蹴って、左足の拇指球と土踏まずで荷重を受け止めます。

 

そして、フィニッシュに向かって体幹(両脇のラインと両足の付け根のラインを結ぶ4角形)をしっかりと目標に正対させてインバランスのフィニッシュ(左足の上で真っすぐ立ち、右足つま先で地面をトントンと叩ける位置)を目指します。

 

右足の蹴りのちょっとしたタイミングが分かると、力強い弾道が打てるようになります。


Archives

website by Cube Net