ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

体型別 上体がっちりタイプ&胸囲のある方のトップスイング(2)

2012年11月01日

胸や肩の筋肉が発達している筋肉マンタイプや肩幅があって上体の肉付きのいい方、また胸囲のある方を対象にしたバックスイングのイメージとトップスイングの位置を再度検証します。

 

マッちゃん(初心者)の場合は、レッスン前よりかなり低い位置にトップを収めるイメージで、ライナー性の強弾道ボールが打てるようになりました。それまでは、両腕の突っ張った高いトップから打ち込まなければ飛ぶ感じがしないと言っていました。弾道は高弾道スライスボール。

 

前述タイプの方はバックスイングで左胸や左肩の発達した筋肉(肉)が邪魔して、左肘がローリングして左脇が空きやすい傾向があります。結果的に手をリフトアップするしかないので、アウトサイドからカット打ちか、右肩が下がってアッパーブローになるしかないのです。このタイプは結局、手を使わないコネクト性の高いスイングを目指すことが得策です!

 

胸の回転を主体(首から下を回すイメージ)にして、クラブと同調してコンパクトなトップに収めることで、軸をブラさずに体の正面にクラブを戻しやすくなります。練習していると手首が滑らかに動いてソフトグリップになり、構えも次第になで肩になり首を長くして構えられます。重心が下がってきた証拠で、リラックスできるようになると低いインパクトゾーンがイメージできて、クラブが体の正面から外れなくなります。

 

腕の力で振り上げるリフトアップスイングを完全に撲滅するため、もう一つイメージを加えてみました。動画に見られるように、両肘ラインの高さが変わらないように、胸の回転と同調するように胴体に巻きつける感じでバックスイングします。トップで両肘の間にシャフトを置いても落ちない。左肘に余裕があって、ある程度フトコロがあることが目安です。

 

1時間のレッスンで、球の高さが半分くらい低くなり、吹きあがらなくなりました。何より、一貫したスイングでコントロール出来るようになったのが良かったです。Good Job !


Archives

website by Cube Net