ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

脚のバタつきはミスショットの元!土踏まずにエッジをかけて振る!

2012年11月07日

としえさん(初心者)はスイング中、足が動き過ぎる嫌いがある。要するに足裏でしっかり地面をバイトしていないからである。地面をしっかり捕まえていないと、軸がブレて身体も捻じれないし、早く回転することも出来ません!

 

そこでこんなものを用意しました。動画に見られるように、角材が斜めにカットしてある木材です。こちらのホームセンターに売っていたのできっと日本にもあるでしょう。この角材の上に両足を半分づつ乗せます。足の外側が浮く感じで、土踏まずにエッジがかかるようにして構えます。スキーをやっている方なら、すぐわかるでしょう?

 

エッジがかけられると、両膝が内側に入ってくるような感じで、内股と土踏まずに力が入ります。これまでバックで左膝が前に出て、ダウンで右膝が前に出ちゃうようなギッタンバッコンが治り、両膝のラインが揃ってスイングできます。ダウンで右内腿が左内腿を追いかけてフィニッシュでピタッとくっつくようになります。

 

このような角材がない場合は、パートナーの方がSWを右足土踏まずに引っかけて引っ張ってあげます。その抵抗に負けないように土踏まずに力を入れてスイングすると、同じような効果が得られます。


Archives

website by Cube Net