ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

フォローで右手は短く使う

2012年12月19日

動画は体の正面で捉えてから回転するドリルです。左手をへその前に置いて、右手でバックスイング。体の正面でパチンと叩いたら回転して、右腕を胸下のラインに巻きつける。

 

プロの連続写真をみると、フォローで右手がビシッと伸びているので、それがカッコイイと思ってつい真似したくなります。でもこれをアマチュアの皆さんが意識的にやろうとすると、右サイドが突っ込んで両脇の締め(コネクション)が甘くなり、クラブを放り投げるような高いフォローになります。飛ばすつもりがとんでもないボールを打ってしまいます。

 

それでは、前傾して体の正面で前ならえのポーズをとってみてください。かるく両脇を締めて、左向け左して左足太腿の付け根へ荷重します。フォローで両腕が体の正面に位置して、アドレス時と手の長さが変わっていません。正面から見ると、左腕より右腕のほうが短くて正解です。

 

そう!フォローで右手は短く使わないと、体の正面で捉えられないんです。プロのようにビシッと伸びて見えるのは、ヘッドに引っ張られるように遠心力を効かして振れているからなんです。

 

理想を追い求めると失敗する、良い例です。気をつけましょう!


Archives

website by Cube Net