ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

タメを作る方法 ウェイト使用編

2012年12月20日

私は「体を開かないでシフトする」=「スイングにタメができる」=「飛んで曲がらない」と考えます。

 

それには?ポイントがあります。

 

1.  インサイドからおろす

2.  左肩を開かずに、左足へ荷重をシフトする

3.  お腹に力を入れてロウギアで引っ張る

4.  左腕をゆっくり振る

 

が必要になります。

 

3兄弟にはそれぞれの体格にあった2.5kg、1.25kg、水入りペットボトルを左手に持たせます。左手でバックスイングしたら、切り返しの時に下から右手首をあてがい、左腕を一気に下ろさせないように頑張らせます。4つのポイントに留意して練習すれば、まったりゆったり振っても飛ばせるようになります。

 

手を早く振っても、腰を素早く切っても、絶対に飛距離には直結しません。体が開くばかりで曲がる一方です。タメというのを、右肘を絞ってコックした手首をギリギリまでキープして引っ張るものだと覚えてしまった多くのゴルファーの方に参考にしてほしいです!


Archives

website by Cube Net