ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

初心者向け腰引け矯正ドリル

2013年01月09日

初心者のあかねさんです。

 

ダウンの時に左腰が引けて体重が右に残る傾向がありました。

 

体幹の捻じり戻しの時に、支持となる左太腿の付け根が引けて伸びてしまっては、肝心の体重移動が出来ません!ボールに届かないので小手先で小細工をしてしまいます。

 

こういう時は左足外側にシャフトを指して、ダウンの時に左腰を平行移動させてシャフトに当たってから体を回転させる体重移動のドリル(バンプドリル)を行いますが、あかねさんにはうまいことタイミングがあいませんでした。

 

動画に見られるように通常のアドレスをとります。(アイアンでは6:4で左荷重、ドライバーで5:5)スタンスのセンターにヘッドを置き、25cm先にボールをセットします。この間をダウンの時にソールで低く滑らせるようにトレースしてやると、自然と体も左に寄っていき、胸の面がボールをカバーリングしていきます。自然と体がフォワードして、左にあるボールが打てちゃうし、荷重が左太腿の付け根に乗っていくのが体感できます。

 

要するに、ダウンの時にクラブヘッドを体の正面に戻してきて、その時にちょこっとだけ体を押し込んでやれば腰は開かないし、インパクトゾーンの中のただの通過点でたまたまボールがあっただけという感じになります。

 

ボールを打ちにいく動作が影を潜め、スイングで打てるようになりました!


Archives

website by Cube Net