ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

私は、 ゛これで゛ ボールが飛ぶようになりました(34)

2013年01月11日

あかねさん(初心者)は大きなアークを描き、高いトップから振りおろせば遠くへ飛ばせると考えていました。

 

実際はトップスイングまでにボールから目が離れて前傾が起き上がる。右腰は股関節にはまらずに横へスエーするので、ダウンで体重移動が上手く行われず、左腰が引けてヘッドがボールに届いていない。そのため、トップボールか右へのプッシュスライスがよく出ていました。

 

初心者の場合、細かい指示をするとスイングがギクシャクしてしまうので気をつけないといけません。あかねさんの場合も同じでチェックポイントが多いと、体が上手いこと動いてくれず、極端なゆっくりスイングに陥り、スイングに勢いがなくなります。

 

そこで、スイングに勢いをつけるための、ピックアップドリルを行いました。アドレス時のシャフトの角度意識したトレーニングで、グリップエンドを支点にしてクラブをまーるく振ります。パートナーがグリップに近いシャフトの根元付近にクラブを当て、右肩横上方に向かって振り上げてやります。そうすると、クラブ軌道がとても安定します。慣れてきて早いタイミングでピックアップできるようになったら、左前方から反動をつけてピックアップしても同じことです。

 

振り上げスピードに同調するように、胸もスピーディーに右に回転して、右肘のヒンジング&手首のコックをくわえてやると、クラブが勝手にすんなり上がっていくようになります。手を大きく振り上げ体をダイナミックに使ったスイングから、クラブヘッドが仕事をする体の周りをまーるく振るスイングへ変わりました。

 

クラブと体に勢いをつけることで、ドライバーで約30Y飛距離を伸ばし、180〜190Y飛ぶようになりました。


Archives

website by Cube Net