ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

パター時に左手を積極的に動かす ゛あっちいけ゛ドリル

2013年01月20日

米国のパター専門コーチであるデーブ・ストックトン氏はもっと左肘から先を積極的かつ器用に使いなさいと言っています。

 

動画でも説明してるけど、フォローで左肘から先を低くおさえ込むように押せると、ボールがスムーズに転がりコントロールが非常に良いんです。左肘は体側から拳一個分離れて構えて、肘から先で゛あっちいけ゛みたいな仕草をしています。この左手の動きに同調するように右肘をスムーズに伸ばしていき、ボールの赤道の下を低く押してやると、胸が動き腹筋が捻じれて、上体が突っ込みそうになるが、体幹をステイさせて足腰を踏ん張ることで、真の転がりが体感できます。パターはマジで体力が要ります!

 

この時、左肘が上にあがって上体が右に傾くと、ブレードの下でボール上部をこすり上げる打ち方になり、ボールが思ったように転がってくれません。左肩を上げないで左肘でリードして右肘で押すのが正しいのです。

 

脇を締めて五角形を崩さずに打つという定説は捨て、左肘が体側から離れていくのを怖がらないで練習して欲しいと思います。バック1:フォロー2の振り幅でスムーズな加速(フォローサイドは惰性)で打てると理想です!


Archives

website by Cube Net