ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

初心者でもできるフォワードスイング!

2013年01月21日

以前はその場回転スイングを実践していた初心者のあかねさん。

 

いまは体を開かずに押し込みながら打つ、フォワードスイングに変身しました。

 

どうしても、体重移動が出来なかったというのがうそみたいです!

 

その秘訣は、左肩が開かにように(トップスイング時の肩と腰の捻転差を変えずに)左足の外側の垂線ライン上まで左腰を押し込む動作と同調しながら、クラブヘッドをまるーく振って、正面から見て8時の位置に下ろしてきます。

 

この時、クラブは体の正面にいて胸の面は右斜め下を向いています。(前傾を姿勢を崩さない)ヘッドは地上から30cm上あって、右肘は脇腹について曲がっています。

 

初心者は普通この時点で簡単に腰を回してしまい、右手を伸ばして打ちにいってしまいます。

 

この後は、クラブを8時の位置に残したまま、右足拇指球から左足拇指球へ直線的に荷重を移動し、それと同調するように右肩も水平に押し込まれていきます。この間、手は何もしません。両腕の三角形とシャフトでできたY字が保たれたままです。それでも、勝手にY字は低いインパクトゾーンを形成して、前進します。

 

あとはLet it GO !勝手に左太腿付け根に上体が乗って目標の左へクラブと両肩が振られていきます。

 

だいぶ体の開きが矯正されました。フェースにボールをのせて運ぶように打てるようになったと喜ぶあかねさんでした。もうこれで手にマメはできません!


Archives

website by Cube Net