ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

60代でもできる、フォワードスイングで飛ばす!

2013年01月25日

3週間のトレーニング合宿が終了したタロウさん。

 

2月に68歳になりますが、距離がまだまだ伸びています。ドライバーで30Y、7番で15Yくらい飛んでます。かるーい感じで振ってるのに、入校した時よりも、打ちだしが高く滞空時間の長い球が打てています。フェースに乗せて運ぶように打っていますね。

 

今回の合宿のポイントをまとめてみましょう!

 

1.  踵荷重からつま先寄り拇指球荷重へ、太腿の付け根から30度前傾し背骨の角度を意識してスイングする。

 

2.  アドレスで固まらない。ワッグルから体全体でしなりを感じて、小気味良いタイミングでバックスイングを開始する。

 

3.  右足土踏まずにエッジングを感じて、捻転エネルギーを右太腿裏と右臀部に溜める。

 

4.  両肩を水平に回そうとしない。頭部と両目を結ぶライン不動で、首から下を捻転させる。

 

5.  切り返しで左サイドを開かずに押し込む(胸のカバーリング動作)フォワードスイングを導入。

 

6.  ピッチングフォーム・サイドスローの右肘のしなりと右サイドのフトコロ感じてスイングする。

 

7.  クラブを気持ちよく振りまわさない。Y字インパクトを意識して低く長いインパクトゾーンを。

 

8.  無駄な下半身の動きを省き、肩の押し込みと回転スピードで飛ばすスイングへ。上半身7:下半身3の気持ちを持って練習する。

 

ちょっとの捻転を感じて、腕を柔らかく使い、前傾を感じて体を開かずに押し込んで、手を返さないスイングを心がけると、どなたでも飛距離UPが可能です。


Archives

website by Cube Net