ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ヘビースイングからの脱却

2013年02月27日

打つまでに時間を要し、静止して固まった状態からゆっくり重々しいバックスイングを開始する超スローテンポのスイング。私たちはこれを゛ヘビースイング゛と呼んでいます。オージーのコーチ達は勝手に日本固有の独特のテンポと思い込んでいるふしがあります。何か古武道の独特の間と似ているようです。

 

このタイプが好ましくないのは、リズム&テンポが悪い。スイングに勢いがないので飛ばない。コネクションが悪い(体の回転と腕の振りがマッチしない)ので曲がる。遠心力を感じてゆったり振っているつもりが、両腕がガチガチで上体から打ちにいっている。など

 

ノーマルなスイングは体の回転にマッチしたイーブンペースで振るスイングのことを言います。打つ前の準備動作が小気味よく同じテンポでアドレスに入り、目標を見ながら2〜3回のワッグル、腰を横に揺すって足裏をタッピングしながら常に動き、止まったら間髪いれずにスパッとバックスイングを開始します。そこにボールを運んでやるぞという気合と、スイングに躍動感があります。

 

日本人女性の大半はヘビースイングに感じます。イーブンペースでスパッと打ってしまえば、まだまだ距離が延びて、一貫性のあるスイングを実現できるはずです!ベンホーガンや佐藤精一プロのスイングは小気味よくダイナミックで、見ていて気持ちが良いものです。ぜひ、テンポを参考にしてください!


Archives

website by Cube Net