ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ゴルフ筋トレ 体の正面で捉えてボールを押す

2013年03月15日

つま先荷重で抗重力筋(大筋群)の稼働が感じられるようになると、体の正面にクラブが戻ってくる感覚が得られます。

 

動画に見られるように、ディスクの上に乗って踵を上げた状態で、ストレッチポールでスイングします。ポイントは前傾を崩さずに左肩の開きを我慢しながら、左半身リードで下ろしてきます。バックスイングからインパクトまで背骨に軸を感じながら、腹筋群を捻じり上げて捻じり戻す感じでゆっくり振ります。

 

体の正面で捉えられると、ストレッチポールの先でメディシンボール(1kgの重たいボール)を押すことが出来ます。ゴルフスイングではこの、゛体の正面で捉えてから押す゛感覚がとても大事なんです。普段小手先で打っている方には、信じ難い感覚でしょうが、このフィーリングが得られない限り上達は不可能です。

 

このトレーニングは抗重力筋をゆっくり゛ロウギア゛で稼働させて、筋肉に記憶させることが役目です!


Archives

website by Cube Net