ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

腰から下のスイングを鍛える グリップエンドの動き

2013年03月21日

体の回転と腕の振りを同調するためには、構えた時の両腕とシャフトで作られるY字形を崩さないように、出来るだけ手は何もしないことだ。

 

動画に見られるように、ハーフスイング(腰から下のスイング)を右手一本でクラブを持ち、体の回転に同調するように目標の左へ振っていきます。手が余計なことをしないためには、右脇を締めてトップで作られた右肘の角度を変えずに腰回りをまーるく振っていきます。言葉悪いが、グリップエンドで腰の幅分だけ、腹切りする感じです。

 

動画でも、手を使っていない証拠として、右手首の角度を変えずにグリップエンドが体の中心を向いているのが分かります。また手を使ってなければフォローサイドではクラブヘッドが左肩より低い位置でフェースが自分の方を向いているのが正しいのです。

 

右手ってこんなに短く使うのって思う方がいますが、プロのようにビシット伸びたフォローの写真は遠心力でそう見えるだけであって、実際は遠心力(ヘッド側)と求心力(グリップエンドをへそに引き付ける)の引き合いの中、体の回転に沿って胴体に巻きつくように振っているのです。

 

アマチュアの方はそこで能動的に右手をピーンッと伸ばしちゃうから、手を使ってクラブを返しちゃう(フリックする)んです。

 

右手一本でAWかSWを使い、フェースに乗せてロブショットを打つとその感覚がわかります。決して上から打ちこんでなんかいませんよ!


Archives

website by Cube Net