ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ボールスローイングでインサイドから下ろすラインをつくる

2013年03月27日

スライスを治すのに、ただクラブヘッドをインサイドから下ろしてくるだけでは本当の矯正にならないんです。

 

大切なことはボディーアクションを使って(同調させて)クラブをインサイドから下ろせるように導いてやらねばなりません。それを簡単に体感できるのが、胸にボールを挟んでもう一個のボールをサイドスローで放る動作のボールスローイングドリルです。あの鉄人ベン・ホーガンも著書モダンゴルフの中でこのことを力説しています。

 

動画のようにバックスイングした後、両肩のラインが開かないように「ボールを内側(インサイド)から回してくる」イメージで行います。胸の回転でインサイドから下ろすラインをつくれれば、体全体を使ってインサイドアタックが出来るようになります。

 

軽く弾むボールを使えば、壁打ちができます。スライサーに効果があります!


Archives

website by Cube Net