ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

アイアンショットはボールが落下するまでフィニッシュの形を崩さない!

2013年04月12日

当たり前のことだが中々できないこと!アイアンのようなコントロール主体で、滞空時間の長いボールフライトの時はボールが落下するまでフィニッシュの形を崩さないことが大事です!

 

完全なボディーリリースで打てた時は、左足の上に体幹を真っすぐキープして立ち、右肩が左肩のあった位置までスルーします。グリップと両肘の三角形を結んだラインが崩れずにシャフトが後頭部両耳間のラインに収まる。そんなことをイメージしながら、落下するまでフィニッシュの形を崩さない(銅像のように)という癖をつけると、自然とボールをフェースに乗せて運ぶスイングが出来るようになります。というか、体にマッスルメモリーとして蓄積されて、スイングバランスが格段に向上します。

 

良くないのは、体の回転も止まってクラブを担ぎあげるようにしてフィニッシュでシャフトが背中を叩くスイング。こういうタイプはフィニッシュで静止することもできないし、真っすぐ立っていられないはずです。手首もクネクネして、こねている感がすごくするはずです。

 

まずは、形からやってみて!


Archives

website by Cube Net