ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ステップドリルの利点

2013年04月20日

ステップドリルの良い点は、クラブの始動と同時に左足を踏み出す点。すなわち上体をコイル(ワインドアップ)すると同時に下半身をターゲット方向に動かしているので、自然にタメのあるダイナミックな動きが身につきます。体重移動が苦手な人やクラブをタメられずにヘッドをビュンッと走らせたがる上体打ちタイプには最適なドリルです。

 

野球の右利きピッチャーがキャッチャー方向に左足を踏み出して左膝にグッと荷重した瞬間、胸筋がエキスパンダーのように開いて、右肘が頭の後ろに隠れてボールを持つ手が一番遠いポジションになるところを想像して下さい。いかにもこれから剛速球を投げるピッチャーのパワーポジションですよね!

 

これってゴルフでも一緒です!左足を踏み込んで左膝がグイッと左足親指拇指球の上に荷重が乗った瞬間、グリップはまだ右肩のちょっと上か右胸の横あたりで我慢している。グリップエンドと左膝(もしくは左腰)で張力(引っ張り合っている)を感じていなければならないんです!

 

実際多くのトッププロは、トップスイングで一番深い位置に来る直前には、すでに左膝の逆方向へのシフトが始まっています。ですので、右足へ荷重する時間なんてほんの一瞬(グリップが右腰の高さに来るまで)で、スイング中の大半は左足に荷重していく準備をしているんです。(かといって、完全な左足荷重スイングではありません!投打のスポーツは皆、右→左への荷重移動が自然です)

 

左足を踏み込んで腰が平行移動されると、右腰の横にぽっかりフトコロができるので、クラブをインサイドから下ろしやすくなります。あとは軸が右に傾かないように体の回転でターゲットの左へ振ってやれば鋭い打球で飛ばせるようになります。


Archives

website by Cube Net