ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

朝一の練習はPWでコネクションを意識しよう!

2013年05月01日

ゴルフスイングでは意識する箇所がたくさんある?トップの位置、体重移動、タメ、インパクトポジションなどなど。気にしたらきりがない!

 

実際にこれらの動きが完璧にできても、クラブをビュンビュン振り回して手をこねてクラブが胸の幅からはみ出して両脇が空くようなスイングだったら、頭の中のイメージを台無しにしてしまいます。

 

最も大事なことは、両脇を締めて体の回転と同調する動き。クラブが体の正面から外れてはコントロールできません。

 

朝一の練習で、クラブの重みを感じて、コンパクトな振り幅で体の左へしっかりまーるく振っていけるクラブと言えば、やはりPWです。

 

動画に見られるように、胸の正面でクラブをかざして両肘の内側を上に向けて、上腕の内側で胸を挟みます。そこから前傾しながらヘッドをストンッと地面に落として、両肘にはゆとりをもたせて構えます。

 

胸の回転主体でバックスイングしたら、左サイドのリードでクラブのヒール側を落として、前傾姿勢を崩さずにベルトラインに沿って目標の左へ振り抜きます。この時。クラブが体の正面にいるか?フェース面は自分の方を向いているか?上腕の内側で胸を挟んでいるか?が大切です!

 

フォロースルーでクラブをフリックしているようでは、いつになってもスピンの効いたコントロールされた打球は打てません。ぜひ、参考にしてください!


Archives

website by Cube Net