ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

春キャンプ 5日目

2013年05月18日

5日目です。

今日も快晴に恵まれました。

天気予報を見ると、ゴールドコーストより温かいようです。

皆さんご存知のテリーさんが手伝いに来てくれました。

今日は午後からの開始で、アイアンとアプローチ中心の練習をしました。

アイアンショットで突き刺さらないでソールが抜ける為には左肩が開かないようにシャローな入射角でおりて来て(フェース面は右斜め上を向いて)、ヒール側が最初にボールの後ろに着地します。

(この時左脇を締めてハンドファーストをキープ)

この時点で未だ肩の回転角度はTOPの捻転時をキープした状態をイメージ。

左腰を左足外側の垂線上までちょっとだけ押し込む。

ここまで左肩の開かないインパクトポジションが出来たら、一気に左の背中を後方に回して(左サイドの引っ張りで )アイアンのヒール側で地面をこするように斜め後方にボールを押す

凄くシャローな入射角でインサイドから降りてきたと思ったら、フォローサイドもさらに左斜め45度へ鋭く切っていく。

この感覚が大事なんです!

まっすぐになんか振ったら、胸の回転が止まって両手が返りクラブをフリックしてしまい、いろんなミスを誘発してしまいます。

入射角が浅くシャローだと、薄くハーフトップに近いショットも簡単!リーディングエッジでボールの赤道付近に当てるのに調節が効くということです。

アゲンストでもフェアウェイバンカーでも、打ち込まずにフェースに載せて運べば、ラインが出てスピンが聞いてよく止まります。

少なくとも7番以下のショートアイアンでは打てるようになりたいですね!

そんなこんなで皆さん手を使わずに体の回転で打てるようになったので、ボールが前に棒球で飛んでいきます。

打感が気持ちいいそうです!


Archives

website by Cube Net