ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

シャフトのしなりと円軌道の関係

2013年07月09日

動画に見られるように、アイアンシャフトの胴側(キックポイント)に膝を当てて、シャフトをしならせた状態からヘッドを離すと、クラブが鋭く回転して円弧を描きます。円弧を描くにはかなりインサイドからきて、再びインサイドへ鋭く切り込まないと円軌道にならないのが分かります。つまり、スイングではシャフトは腰回りスレスレを通過しながら回転しないと円軌道、すなわち左に振りきれたことにはならないんです。

 

どうでしょうか?腰回りを人差し指で8の字を描いた感覚とシャフトがしなって体の近くを巻きつくように振る感覚は似ていませんか?クラブを体に引き付けて左に振る感覚ですよね!このほうが身体の回転に乗じてヘッドスピードもUPします!

 

また、上級者になるとクラブがしなる仮想キックポイントは常に胴寄りに感じて、身体の近くを振るようにしています(インパクトまで右肘は脇腹に密着して伸びていない)。しかし、胴寄りに感じてフェースが開いて当たる場合は、キックポイントを中→先中のシャフトと変えていくわけです。

 

ハーフウェイダウン(右脇を締めてシャフトが右腰の高さ)のポジションから胴寄りにキックポイントを感じて水平素振りをしてみると効果的です。これらの感覚が分かってくると、打ちにいく動作が影を潜め、スイングで打てるようになります。


Archives

website by Cube Net