ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

シャフトのしなりと円軌道の関係 ハーフスイング編

2013年07月10日

前回からハーフスイングの強化を推奨していますが、ある程度芯を食ってポーンポーンと前に真っすぐ飛ぶようになったら、もう少し飛距離が欲しいところです。目安としては9番アイアンで一般男性は (100Y前後)、女性は(60〜80Y)が目標です。これを練習していると、強風下やきわどいピン位置、また林からの脱出などへのコントロールショットに役立ちます。

 

動画に見られるように、シャフトの膝当てで胴側にキックポイントを感じてクラブがクルッと円軌道を描くように、ハーフスイングでも鋭く左へ振っていきます。この時、トゥ側を少しUpする感じで、ホーゼル下部のヒール側でボール痕を薄く削っていくように振ります(画像でもヒール側に土がついている、接地面積が小さい証拠)。なぜかと言うとこのようなコントロールショットの大敵はインパクト時の手元の浮きで、上体が起き上がっちゃうことなのです。手元を低くして左へ振っていければ、インパクトゾーンを分厚く長く押せて、スピンの効いた低い球が打てます。

 

それには、身体の切れが増すベクトルの方向が理解できていないと、パワーも出ないし速く回転することができません。動画にもあるように右肩が左斜め45度の方向に押し込まれながら回転して、左肩のあった場所まで抜けていくことなのです。

 

ぜひ、皆さんも実践してハーフスイングを強化して下さい。G1理論構築のための第一歩です!


Archives

website by Cube Net