ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

初心者はまずこのドリルをして下さい!スプリットハンドドリル

2013年07月16日

これは両手の間隔を3〜5cm離して持つグリップでヒッティングするドリルです。

 

初心者にクラブはこのぐらいの強さで持つと言ってもなかなか難しいものです。ソフトグリップなんてアドバイスがかえって手首をこねくり回す原因にもなりかねません。本当にそこら辺は個々のフィーリング(感覚の違い)なんですよね?慣れてくれば指と指の間にすきまをつくらずに、手首に自由性を効かせて振ることができますが、それまではクラブが飛んで行かない程度の適度なホールド感と両手の均等性を感じながらスイングすることが大切です。

 

その感覚をつかむのに役立つのがこのスプリットハンドドリルです。手打ち防止効果大なので、初心者問わず、手をこね過ぎでクラブが体の正面にいないな?クラブが振り遅れている感じがするな?と感じた時にやってみると矯正できます。

 

これも最初はハーフスイングでいいです。両腕とクラブで出来るYの字を崩さないように振り、スイング中は右肘を脇腹から離さないのがポイント。そして、一番最初にやった初心者はまずこのドリルをしてください!のボールの下にフェースを滑らせて乗せて運ぶイメージを持ってスイングします。打ちこむイメージは全くありません。フェースにボールが乗る感覚、柔らかい打感を体全体で感じる。ゴルフの打感っていうのはこんな感触なんだっていうのをここで味わって下さい!

 

ポンポン前に真っすぐ飛ばせてる時は自然と力が抜けてソフトなホールド感になって両手の一体感があるはずです。この感覚を本番に生かせるようにしたいものです。


Archives

website by Cube Net